骨折

お薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物などの成分を酵素により分解して無毒化する作用のことを解毒と称しており、多機能な肝臓の担う非常に大切な職責の一つだと言えるでしょう。
ばい菌やウィルスなど病気を引き起こす微生物が呼吸とともに肺に入り込んで罹患してしまい、片方もしくは両方の肺が炎症を起こした容態を「肺炎」と呼んでいるのです。 Continue reading

法律

結核への対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」にならって推進されてきましたが、2007年から他の数多ある感染症とひとくくりにして「感染症法」という名称の法律に従って実行される運びとなったのです。 Continue reading

季節性

くも膜下出血とはそのほとんどが脳動脈りゅうと言われる脳内の血管にできた不要なコブが破れることで発病する死亡率の高い病気だと多くの人が認識しています。
急に発症する急性腸炎は、その大半が腹痛・吐き気・下痢を伴う程度ですが、細菌感染によるものの場合は強い腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢の他に高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。 Continue reading