追跡調査

UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特徴があるのでオゾン層で一部分が吸収されるのですが、地上に届いたUV-B波は肌の表皮内で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌に良くない影響をもたらすことが明らかになっています。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の数十年に及ぶ追跡調査のデータから、成人と比較して若い子どものほうが飛散した放射能の害を受けやすくなっていることが分かります。
最大の内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病を筆頭に色んな病を誘引する可能性があることをご存知でしょうか。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値に深く関与しているβ細胞が壊されてしまうことにより、膵臓からは必要量のインスリンが分泌されなくなることによって発病に至るタイプの糖尿病です。
ピリドキシンは、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない重要な回路に取り込むため、再度クラッキングするのを助けるという機能もあります。
収縮期血圧140以上の高血圧がある程度続くと、全身の血管に大きな負担がかかった結果、体中至る所のありとあらゆる血管にトラブルが生じて、合併症になるパーセンテージが高くなるのです。
杉の木の花粉が飛散する3月前後に、小さな子どもが体温は平常なのにクシャミを連発したり水のような鼻みずが止む気配をみせない状況だったなら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。
毎日のように肘をついて横向きになったままTVを視聴していたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴を日常的に履くというようなことは体の上下左右の均衡を崩してしまう大きな原因になります。
ポリフェノールで最も有名な長所はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは性質が異なり、細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を遅れさせる効果に優れているのです。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛び散っている量に比例したように深刻になってしまう特性があると知られています。
トコトリエノールの作用の中では酸化を遅らせる機能が一番知られていると思いますが、加えて肌を美しくする効果や、血清コレステロールの産生を抑えるというようなことが知られています。
薬、アルコール、色々な食品添加物などの成分を酵素によって分解して無毒化する活動を解毒と称しており、肝臓の担う非常に大切な活動のひとつなのです。
グラスファイバーで製造されたギプスは、強靭で軽いのに長期間使うことができ、濡らしてもふやけずに使えるというメリットがあるため、いまの日本のギプスの中でも王道なのは間違いありません。
陰金田虫というのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と称し、白癬菌というカビが股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部分に感染してしまい、棲みついた病気の事で俗に言う水虫のことなのです。
もしも検査で危惧していた通り女性ホルモンの量が基準値を下回っていて早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、不足分の女性ホルモンを足してあげる治療で治すことができます。