覚醒現象

平成17年2月以後特保(特定保健用食品)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなコピーの印字が食品メーカーに義務付けられた。
脳内のセロトニン神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、あらゆる覚醒現象などを司っていて、大うつ病の方ではその活動が低下していることが証明されている。
収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間続くと、全身の血管に大きなダメージが与えられ、頭頂からつま先まで色んな血管に障害が巻き起こって、合併症を併発する見込が高くなると言われています。
脳卒中のくも膜下出血(SAH)はそのほとんどが脳動脈瘤と言われる脳の血管の不必要な瘤(こぶ)が破裂して脳内出血することによりなってしまう致死率の高い病気として認識されています。
花粉症の緒症状(鼻みず、鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが引き金となって睡眠不足に陥り、翌朝起床してからのすべての活動に芳しくないダメージを及ぼすかもしれません。
加齢に伴う耳の聞こえにくさではちょっとずつ聴力が落ちていくものの、普通は還暦を超えてからでないと聴力の悪さをしっかりとは認識できないものです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、人間の身体を癌から保護する役目を担う物質を産出するための金型のような遺伝子の異常により発症してしまう病気だと考えられています。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人だけに聞こえるというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者と他の人にも高性能のマイクロホンなどをあてると聞ける点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。
肝臓を健やかな状態に保ち続けるためには、肝臓の毒素を分解する作用が下がらないようにする、要するに肝臓のアンチエイジング対策を迅速に実行することが必要でしょう。
グラスファイバーで作製されるギプスは、強靭で軽量でとても持ちが良く、濡らしてもふやけないという利点があるため、今の日本のギプスの中でも主流だと言われています。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が動かなくても必要な熱量のことですが、半分以上を身体中の骨格筋・最大の内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費していると考えられているようです。
コンサートやライブなどの開催される場所や踊るための広場などに備えられた特大スピーカーのすぐ横で大音量を聞いて耳が遠くなってしまうことを「急性音響外傷」と言っているのです。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、不快な宿酔に有効な成分です。不快な宿酔の要因だと考えられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に携わっているのです。
体脂肪量にさして変動がなく、体重が食事や排尿等により短時間で増減する場合は、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が高くなるのです。
急に発症する急性腸炎は、その大半が腹痛・吐き気・下痢を伴う程度ですが、細菌感染によるものの場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢の他に高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。