感覚

酒類に含まれるアルコールを分解する力があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに極めて効果的です。宿酔の元凶物質といわれるエタナールという物質の分解に作用しています。
「とにかく多忙だ」「上辺だけの付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーや情報の著しい高度化に付いていくのが大変」など、ストレスが蓄積される原因は人によって異なります。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の著しい浴び過ぎがお肌に健康障害を誘引するとして、19歳未満の若者がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を利用することの禁止を広く世界各国に求めています。
体脂肪量は変動が無いのに、体重だけが食物の摂取や排尿などにより短時間で増減するケースでは、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少すれば体脂肪率が高くなることがわかっています。
HMSの調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はカフェインレスコーヒーを飲むと、なんと直腸がんの罹患リスクを約半分も減少させたという。
「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)などの数値によって分かりますが、ここ数年で肝機能が衰えている国民の数が明らかに増加傾向にあるということが分かっています。
ポリフェノール最大の働きは水溶性のV.C.や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違っており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化しにくくする作用を発揮するのです。
BMIを求める計算式はどの国も同じですが、数値の位置づけは国家ごとに違っており、(社)日本肥満学会ではBMI値22を標準、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満だと低体重と定義しているのです。
ほぼ100%に近い割合で水虫は足、特に足指の間に現れる皮膚病として知られていますが、白癬菌にかかる場所は足だけに留まらないので、体の様々な部位に感染してしまうという恐れがあるので注意してください。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物について、肝臓が分泌する解毒酵素の効率的な産出活動をサポートしているという新たな事実が明らかになりました。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が横たわっていても使用するエネルギー量のことで、大方を体中の筋肉・一番大きな臓器である肝臓・多量の糖質を消費する脳が使うと考えられているようです。
学校や幼稚園などの大勢での集団生活をする中で、花粉症が原因でクラスの友達と一緒に外で明るく身体を動かせないのは、患者さんにとっても残念な事でしょう。
毎年流行するインフルエンザに適応する予防するための方法や医師による処置といった類の基礎的な措置というものは、それが季節性のインフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わりません。
結核対策は、長年、1951年に誕生した「結核予防法」に準ずる形で推奨されてきましたが、56年後の平成19年から他の数多ある感染症と同じく「感染症法」という名称の法律に沿って遂行されることに決まったのです。
陰金田虫(インキンタムシ)は20〜30代の比較的若い男性に多く見られており、ほとんどの場合は股間の辺りにのみ広がり、激しく身体を動かしたり、入浴後など身体が熱くなると強烈なかゆみを招きます。