呼吸

「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体の中の脂肪の占有している歩合のことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(キログラム)×100」という計算によって求めることができます。
バイ菌やウィルスなどの病気を生み出す病原体(病原微生物)が呼吸とともに肺へ潜り込んで罹患し、肺全体が炎症反応を起こしていることを「肺炎」と称しているのです。
「あまりにも多忙だ」「無駄ないろんな付き合いが苦手だ」「技術やインフォメーションの高度な進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスを受けてしまう主因は人によって異なるようです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら体をがんから保護する役目をする物質を作り出すための金型である遺伝子の不具合で罹患するということが分かっています。
ほとんどの場合は水虫といえばまず足を連想し、特に足指の間にみられる病気だと思われていますが、白癬菌にかかるのは足だけではなく、体中どこにでもうつってしまう恐れがあるので注意してください。
ストレスが溜まるメカニズムや、手軽なストレスケア方法など、ストレス関係の正確な知識を保持している方は、それほど多くはありません。
耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りにばい菌やウィルスなどが感染することで炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と言うのです。
スギ花粉症などの症状(鼻水、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが素因になって睡眠不足に陥り、次の日の業務の遂行に思わしくない影響を与えることもあります。
現在、比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に抗えるだけの免疫、すなわち抵抗力の無い人々が増えていることや、早合点のせいで受診が遅れることが素因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
ブラッシングなどで、患者さんがセラピードッグのことをとても愛おしいと感じると「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌された結果、ストレスを軽くしたり心の癒しに繋がっているのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性であるビタミンCや脂溶性であるビタミンEなどとは違っており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮するのです。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、両手両足が痺れるような感覚があったり脚の著しいむくみなどがよく起こり、症状が進行してしまうと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全などを起こす可能性があるということです。
チェルノブイリ原子力発電所事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータによると、体の大きな成人よりも体の小さな子供のほうが飛来した放射能の悪い影響をより受けやすいことを痛感します。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術では「大動脈内バルーンパンピング」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス術(CABG)」の二者の術式がよく使用されています。
学校・幼稚園などの大勢での集団生活をする中で、花粉症の症状が要因でクラスのお友達と同時にはつらつと走り回れないのは、子どもにとっても腹の立つことです。