法律

結核への対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」にならって推進されてきましたが、2007年から他の数多ある感染症とひとくくりにして「感染症法」という名称の法律に従って実行される運びとなったのです。
めまいが起こらず、長時間続く耳鳴りと難聴の症状のみを幾度も繰り返す症例のことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病」という名前で呼ぶ症例が多いようです。
世界保健機関は、有害なUV-A波の異常な浴び過ぎは皮膚病を起こすとして、19歳未満の男女がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を各国に提起している最中です。
脳卒中のクモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」と言われる脳の血管の不要な瘤(こぶ)が裂けることが原因となって起こってしまう病だと多くの人が認識しています。
薬、酒に含まれるアルコール、合成乳化剤を始めとした食品の添加物等を特殊な酵素で分解し、無毒化する作用を解毒といい、肝臓の代表的な役割分担のひとつであることは間違いありません。
グラスファイバー製のギプスは、大変強靭で軽量でとても持ちが良く、濡らしても使用できるという特長があるので、現代のギプスの定番と言われています。
アルコールを無毒化する力のあるナイアシンは、不快な宿酔に効果的な成分です。宿酔の大元であるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに力を発揮しています。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus)と毒素があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種になっています。
一旦永久歯の表面の骨を浸食するまでに進んでしまった歯周病は、原則症状そのものが沈静化したとしても、なくなった骨が元の量に戻るようなことはまずありません。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、元来、人体をがんから護る役目をする物質を生産するための金型のような遺伝子の不具合が原因で発病する病気だということです。
もし婦人科の検査で実際に卵胞ホルモン・黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも少なく早発閉経(早期閉経)だと分かった場合、不足している女性ホルモンを補う医術などで改善が期待できます。
様々な花粉症の症状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するクシャミなど)のために夜よく睡眠を取れないと、それが誘因で慢性の睡眠不足に陥り、次の日起きてからの業務の遂行に良くないダメージを及ぼすことも考えられます。
欧米諸国では、新しい薬の特許が切れた4週間後、製薬市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に切り替わるという薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は地球上に知られているという現実があります。
トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ機能がおそらく一番知られてはいますが、この他に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりするということが知られています。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容の欧米化や煙草を飲む事・アルコール・肥満といったライフスタイルの乱れ、ストレスなどに縁り、現在日本人に多く発生している疾患の一種です。